ニキビの色はどうして違うの?
 
黒ニキビ

ニキビにお悩みの方はたくさんいますが、黒ニキビってご存知でしょうか。

実はニキビには4つの色の名前がついたニキビがあります。白ニキビと黒ニキビ、赤ニキビと黄ニキビです。このうち白ニキビと黒ニキビは、ニキビのうちでも初期段階といわれています。

ニキビは毛穴がつまり、そこに過剰に分泌された皮脂が溜まってアクネ菌の温床となり起こります。

毛穴が詰まってアクネ菌が繁殖しただけでは、まだ炎症は起こっていません。
この状態だと皮膚の外からは白く見えるため、白ニキビと呼ばれています。またこの白ニキビの毛穴が開き、角栓が詰まると黒ニキビになります。白ニキビはあまり目立つ事が無く、できても気付かない方も多いようです。

しかし黒ニキビはポツンとほくろのように存在感を主張するため、気になる方が多いですね。

時に不潔に見えてしまう黒ニキビの正体は、メラニン色素や酸化された皮脂などです。決して清潔なものではありません。またシミにみえることもあります。そして白ニキビや黒ニキビは炎症が起きる前の軽症ニキビとはいえども、皮膚の下ではアクネ菌がどんどん繁殖している状態です。

気付いた時からすぐ対策をスタートしましょう。

ニキビ予防は正しい洗顔・スキンケアと、生活習慣・食事の改善です。

規則正しい生活をして、ストレスをためこまないように心がけましょう。白ニキビや黒ニキビを放置しておくと、炎症が起きて赤ニキビになってしまいます。更に進むと化膿して黄ニキビになり、ニキビ痕が残ることもあります。

こうなる前に、素早く対処して白く輝く素肌を取り戻しましょう。


ニキビ関連メモ


 
 
Site Menu
 
 
     
  Copygight(c) ニキビの色はどうして違うの?.All rights reserved.