ニキビの色はどうして違うの?
 
赤ニキビ

おでこや鼻の頭・ほっぺやあごなどにポツンとできる赤いブツブツ、嫌なものですよね。赤ニキビといわれるこの典型的なニキビは、実はかなり症状が進んでしまった状態なのです。ニキビには症状によって段階があり、軽いものから白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビとなります。

赤ニキビはすでに炎症を起こした状態で、見つけたらすぐに治療や対策を行うことが大切です。

ニキビはなぜできるのかご存知でしょうか。そう、一番の原因は毛穴トラブルです。ターンオーバーがうまくいかなくなると、毛穴に角質がたまって詰まりやすくなります。そこにストレスやホルモンバランスの乱れなどで皮脂が多く分泌されると、中でアクネ菌が繁殖しついには炎症を起こして赤ニキビへと発展するのです。

白ニキビや黒ニキビのうちは痛みも無くあまり目立たなかったのに、赤ニキビになったとたんに熱を持って痛み始めます。気になって勉強にも力が入らない方もいますね。また赤ニキビは顔だけでなく、背中にもできます。

せっかくダイエットに成功して水着になりたくても、背中を出すのがイヤで着られない・・・そんなことにならないように対策を行いましょう。

赤ニキビを始めニキビを引き起こす原因は乱れた生活習慣やストレスなどと言われています。
ほかにも便秘や食生活習慣の乱れなど、いろいろな原因が絡まり合ってニキビが出てきます。まずは生活習慣をもどし、洗いすぎなど間違った洗顔&スキンケアを改めましょう。意外ですが肌の乾燥もニキビ原因のひとつです。洗いすぎはよくありません。

お肌に合ったローションでしっかり保湿し、気になる赤ニキビになる前に防ぎましょう。


ニキビ関連メモ


 
 
Site Menu
 
 
     
  Copygight(c) ニキビの色はどうして違うの?.All rights reserved.