ニキビの色はどうして違うの?
 
黄ニキビ

ニキビの最終段階、それは黄ニキビです。

なぜなら黄ニキビの黄色は、化膿して出てきた膿だからです。こうなるまえに、ニキビは早めにケアしましょう。ニキビはその症状の進行度合いによって、色が変化していきます。出来始めはあまり目立たない毛穴つまりの状態で、白ニキビと呼ばれます。

白ニキビの毛穴が開いてメラニン色素や皮脂等の汚れが詰まってしまうと、黒くポツンと目立つ黒ニキビになります。

そして白・黒のうちはまだひそかに繁殖しているだけだったアクネ菌がついに炎症を起こすと、赤ニキビになります。多くの方がニキビと認識するのは、この赤ニキビです。目立つようにもなりますし、痛みも起こってかなり気になる存在です。

そして赤ニキビをさらに放置しておくと、炎症がおこった場所が化膿して黄ニキビへと発展してしまうのです。

黄ニキビはニキビが最も進行した、重症です。アクネ菌によって生み出されたリパーゼという物質が、毛包を破壊して炎症がどんどん広がり始めた状態です。

膿を出してしまった方が早く治るからと思っている方もいますが、ここまでニキビが進んでしまうとその周囲の組織も破壊してしまいます。

ニキビの炎症が周囲まで巻き込んでしまうと、ニキビ痕が残る原因になるのです。つまり黄ニキビは最もニキビ痕が残りやすい状態と言えます。

ニキビ痕は一度できてしまうと消すことが大変困難です。まず元通りのすべすべ肌に戻すことは不可能と言っても過言ではありません。
取り返しのつかない状態になる前に、ニキビは早めに治しましょう。


ニキビ関連メモ


 
 
Site Menu
 
 
     
  Copygight(c) ニキビの色はどうして違うの?.All rights reserved.