ニキビの色はどうして違うの?
 
思春期ニキビ

思春期ニキビは、だれしもが一度は経験する成長の証しです。

でも当の本人にとっては、勉強も手に付かないほど悩んでしまう厄介者です。程度も人それぞれで、次々に出来て悪化してしまう方もいます。ではなぜ思春期ニキビができるのでしょうか。

そして思春期ニキビに有効な対策はあるのでしょうか。

思春期には体のホルモンバランスがガラリと変わります。年に10センチ単位で身長が伸びることもありますし、体つきもどんどん変わります。まるで自分が自分ではなくなってしまうような感覚になることもありますよね。体の内部ではホルモンバランスが急激に変化し、いろいろな影響を体のあちこちに与えます。

そのひとつが皮脂の分泌です。
思春期には男性は男性ホルモンの分泌が盛んになります。また女性も男性ほどではなくても、男性ホルモンの分泌量が増えます。男性ホルモンは皮脂の分泌を促すため、皮脂がたくさん出るようになるのです。皮脂が多く出ると毛穴が詰まってしまい、中でアクネ菌という黴菌が繁殖しやすくなります。

アクネ菌が繁殖し始めた状態が軽い白ニキビです。
しかしあっという間に炎症が起きて赤ニキビに変わります。放っておくと膿んで黄ニキビになり、さらに放置すればクレーターなどと呼ばれるニキビ痕ができてしまいます。

思春期ニキビを防ぐには不規則な生活や寝不足を改め、ストレスをためない事が大切です。
また雑誌やネットの情報に踊らされて不適切なスキンケアを続けることも良くありません。

思春期ニキビができたら適度に洗って丁寧に保湿し、絶対につぶさないようにケアしましょう。


ニキビ関連メモ

イオウ製剤とはニキビに直接塗って毛穴に詰まった角質をはがし、開きやすくする薬です。 抗菌薬とはニキビの症状によって処方される塗り薬や飲み薬のことで、面ぽう圧出とは専用の器具を使って毛穴詰まりを物理的に取り除く方法になります。
皮膚科で思春期ニキビを治療する|思春期ニキビ倶楽部


 
 
Site Menu
 
 
     
  Copygight(c) ニキビの色はどうして違うの?.All rights reserved.